もうそんな時期

  • 2011/04/29(金) 19:48:44

朝、気持ち良く走っていると、ある事に気が付きました。



通勤路にある、田んぼの一部に水が入っていました。

『もう入れているんだぁ〜』と覗きこんでみると…

もうすでに、田植えがされていました。

元々、少し早めに行う地区を通るのですが、もう今年もそんな時期になってきたようです。

この光景をみると、春から初夏に移ってきたのだなぁ〜と感じます。

LINEで送る

疲れも飛ぶ

  • 2011/04/28(木) 20:48:43

今日は、通勤時間帯に雨の予報で、前日からジテツウは諦めていたのですが…。

朝起きたら、普通に晴れていてラッキーってな感じでジテツウです。

雨あがりは、空気が澄んでいて気持ち良いですね。
ただし、跳ね返りが気になる所ですが、泥除け付きなランドナーですからその辺は問題は無し。
快適に、澄んだ空気のなかジテツウを楽しめました。

お仕事は…
本日は畑仕事。
しかも、独活の植え替えという超ガテン系な仕事。
ちなみに、独活の植え替えはあくまでウチの職場方式ですが…
?1メートル四方の穴を50センチ程度の深さで掘って置きます。
?現状植えてある、独活を掘り起こします。
 (最低でも、?位の大きさと深さを掘り起こします)
?掘り起こした独活を、用意した穴に植えます。

こんな感じなのですが、穴掘りが結構大変。
コレを20〜30株分行うのですから、一日仕事でした。

そんなガテン系の仕事が終わって、帰宅時…。
物凄い強風
いくら漕いでも進まないし…。 (・_・;)

ですが、そんな中でご褒美が


分かりますか?
もう少し、寄ってみます。


もう一枚

強風のため、雲も良い感じで飛ばされて、夕日に照らされた富士山が綺麗に見えました。

こういう、綺麗な風景が楽しめるのは、自転車の速度域ならではだと思います。
切っ掛けはどうあれ、また晴れの日限定とはいえ、ジテツウを始めて良かったと思う時です。

そうそう、今日は頑張ったので…。

最寄駅の目の前にある、焼き鳥屋さんにて焼き鳥をゲットして、コンビニでハイボールを調達して帰りましたとさ。

LINEで送る

UNIQLO発、自転車向きズボン

  • 2011/04/27(水) 21:05:00

UNIQLOの衣類には何かとお世話になっているのですが、Tシャツや肌着は自転車活動でも十分に活用できる物が安く手に入るのですが、ズボンについてはかなり不満がありました。

ですが、今年のUNIQLOは違いました。
とうとう、自転車向きと呼んでも良いズボンを出してくれました。
それが…

このパンツ↑
ドライスリークォータカーゴ+】です。

ナイロン生地なのですが、ドライなのです。
今までのUNIQLOのこの手のズボンは、長さが微妙だったり、裾絞りの紐がぺダリングの邪魔になったり、ロールアップするとやはりぺダリングの邪魔になったりしていました。

今回たまたま見かけて、『何か良さそう』と試着してみると、裾の長さが丁度良い。
蒸れも無く、一目惚れで購入してみました。

で、ジテツウでデビューしてみましたが、思った通り結構良い。
イメージとしては、ナイロン生地で細身のニッカボッカといった感じでしょうか。
動きも良く、ぺダリングもし易いし何にも気にならないのです。

手持ちのニッカボッカは、冬用なのでそろそろ何か買わないとと思っていた矢先の出会い。
夏用のニッカボッカも良いですが、コレもかなり良い感じでした。
次の冬までは、コレで今年は行こうかと思っています。

LINEで送る

ゲリラ雷雨

  • 2011/04/25(月) 21:23:58

夜勤明けの今日、少し寄り道したら雲行きが怪しい…。

行きつけの珈琲ショップで、豆を調達したら降りだしまして、仕方無いのでポンチョを出して帰りましたが…。

途中から、風と雨が凄くて高架下へ避難しました (^^ゞ



今年初の、ゲリラ雷雨に襲われたジテツウとなりました。


<今日の教訓>
サイクルポンチョだけでは、心もとない。
バック用のレインカバーと、レインウェアもズボンは必要だ!!

LINEで送る

埼玉県庁公認!!痛サイクリストバイブル

  • 2011/04/20(水) 21:03:22

本日、買い物ついでに購入しました。
昨年から気になっていた1冊。

サイクルクリップ (三才ブックス vol.331)

埼玉県庁おススメと、表紙に書いてある所が凄いです。

元々、アニメとかマンガとか嫌いな方ではないし、『らきすた』で一躍有名になった神社にも、『らきすた』ネタ目当てで行った事もある位です…。
広い意味では、≪大きなお友達≫なので、この手の本にもさほど抵抗はなかったりします。

人によっては偏見はあるかもですが、コレはケッコウ完成度の高いサイクリスト養成入門書だったりします。

先ず、マンガや可愛らしい絵でとっつき易い。
自転車選びからツーリングまで、意外と分かり易い流れで構成されています。
自転車選びは、代表的車種から『その車種はどういう目的の自転車で、こういった使い方に向いている』とか、意外とどの自転車雑誌にも、この時期であれば何度となく乗せている事ではあるのですが、提案車種なんかのラインナップを見てみると、意外と初心者が扱いやすいと思われる物で、流行に左右されない、比較的スタンダードな物をチョイスしているように思えました。

次に、服装と交通ルールについて。
服装については、意外と大雑把ではありますが、専用ウェアの利点とかもさりげなく紹介されているので、初心者からすれば選択しやすい紹介の仕方です。
交通ルールについては、ページ数は少なめですが、大切な事がしっかりと書かれているので、このページだけでも学校とかの交通安全教室とかで、教科書にして欲しい感じの内容でありました。

最後に、ツーリングコースの紹介。
ココは、基本コンセプトが≪大きなお友達≫向けに構成されている自転車入門本ですので、イワユル【聖地巡礼】が主軸になっているのですが、平地メインルートから山岳ルート(あくまで初心者・ホビーユーザー視点ですよ)まで、良い感じなルートが紹介されていました。
若干、やってみようかと思わせるルートなのです。

今まで少し悩んでいた事もあったのですが、思い切って購入して読んでみて良かったと思える1冊です。
コレから自転車遊びをしようと思う人に、大変おススメな1冊でした。

LINEで送る